協会について

事業概要

名称 一般社団法人 日本種鶏孵卵協会 (いっぱんしゃだんほうじん にほんしゅけいふらんきょうかい)
Japan Poultry Breeders and Hatcheries Association(J.P.B.H.A)
所在地 〒104-0033 東京都中央区新川2丁目6番16号 馬事畜産会館 4階
連絡先 TEL:03-3297-5512 / FAX:03-3297-5513
設立認可 昭和50年8月14日(1975年) 社団法人 日本家禽産業協会
昭和56年8月12日(1981年) 社団法人 日本種鶏孵卵協会
平成25年4月01日(2013年) 一般社団法人 日本種鶏孵卵協会
設立目的 種鶏及びふ卵に関する内外の情報提供、優良鶏の普及、種鶏の改良等を通じ、わが国養鶏産業の振興に寄与する。
会員 1号会員:種卵又は鶏のひなの生産を業とする個人又は団体(種鶏の供給を受け、実用鶏を供給するもの)
2号会員:種鶏の生産・輸入又は販売を業とする個人又は団体(原種鶏を飼養し種鶏を供給するもの)
3号会員:採卵用ひなの育成を業とする個人又は団体(採卵用ひなを育成し実用鶏を供給するもの)
賛助会員:協会の目的に賛同する者
事務局 職員2名
常務理事 米田 勝紀
事務局員 黒尾 典子
関連団体 (公社)中央畜産会、(公社)畜産技術協会(初生雛鑑別部)(一社)日本養鶏協会、
(一社)日本食鳥協会 鶏病研究会、全国鶏肉消費促進協議会
事業(主な事業内容) ■ 種鶏導入調査事業
■ 鶏ひなふ化羽数調査事業
■ 鶏卵・鶏肉の消費促進事業
■ 原種鶏、レイヤー、ブロイラー孵卵部会・若めす育成部会活動の推進
■ 優良国産鶏普及促進事業(国産鶏普及協議会)

定款

1 種鶏の改良に関する事業
2 優良鶏の普及に関する事業
3 種鶏ふ卵業及び採卵用ひな育成業に関する情報収集に関する事業
4 種鶏ふ卵業及び採卵用ひな育成業に関する知識の普及及び研修に関する事業
5 種鶏ふ卵業及び採卵用ひな育成業の改善に関する事業
6 鶏卵及び鶏肉の消費促進に関する事業
7 その他協会の目的を達成するために必要な事業

日本種鶏孵卵協会定款全文(平成26年5月9日改正)【PDF 31KB】

Get Adobe READER

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。
最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。